スペースエイジ・ミッドセンチュリーを楽しむ面白コスモネタをコラム形式でご紹介。| Home | Sitemap |
スペースエイジ雑貨の専門サイトspdm spdm(スペースエイジ・プロダクト・デザイン・ミュージアム)
コラム(ひとりごと)へ戻る
第10話 『60ビジョン(ロクマルビジョン)』

「60ビジョン(ロクマルビジョン)」とは?
時代の流れに埋もれ廃盤となってしまった普遍的で質の良い商品を、
企業の物づくりの想いと共に復刻させる「ロングライフデザイン」プロジェクトのこと。

「世界に通用する、将来引き継がれる商品を作りだそう!」
1960年代は、こんな物づくりの想いから商品が生みだされてました。
しかし、消費の多様化により次々と商品が世に出ては消えていく中、
圧倒的な時代の流れに埋もれ、忘れられた商品が山ほどあります。
そんな商品を今一度世に出し、生活の中で使われることを意識した実用的な美しさを改めて感じてもらう。
そんな願いが込められていいるプロジェクトです。
60ビジョン(ロクマルビジョン)

創始者は、デザイナーのナガオカケンメイさん。
2002年から始めたプロジェクトになります。
現在では、カリモクを始め、コトブキ、ノリタケ、ヤマギワ、イトーキなど、
この理念に賛同した企業12社が参加をしています。

より詳しく知りたい方には、詳細を綴った単行本をお薦めします。
「60VISION ロクマルビジョン 企業の原点を売り続けるブランディング」

企業もデザイナーも、いい物をつくるために必死になった、
まさに汗と涙の結晶が身近に感じられます。
ブランディング活動とは何だろう?って考えさせられたのですが、
なんだかんだ、最終的に人のハートかなと思うのです。
企業の想い、デザイナーの想い、職人の想い、
その想いに共感した時、その想いが「ブランド」と感じるのかなーと思うのです。

賛同企業12社

私がこのプロジェクトを知ったのはつい半年程まえ。
2009年12月6日の読売新聞の記事を見てのこと。
「60年代商品再び」のキャッチに目が留まったからです。
近年の生産は新しさばかりが求められ、使い続けられる商品が減ったなと感じていた中での記事だったので、
よけいに目が留まったのだと思います。
デフレの世の中では厳しいとは思いますが、
安さだけを求める商品や、流行を生みだすための商品だけではなく、
次の時代にまで脈々と受け継がれる、時代が変わっても輝き続ける、
そんな商品を生みだす企業が増えればいいな〜と切に願っています。

応援します!!にっぽん企業!!

詳しくは・・・公式サイトをご覧ください。

TOP010203040506070809101112131415161718
スペースエイジとは著作権・リンクについてリンク集Q&Aお問い合わせ

Copyright © 2007 spdm(スペースエイジ・プロダクト・デザイン・ミュージアム). All Rights Reserved.